Print Shortlink

忙しい店舗でこそ働く意味がある

飲食店のアルバイトは気軽にチャレンジしやすい代表的なお仕事ではありますが案外その内容は大変なことが多く、お客とのコミュニケーションやメニューの記憶、それぞれの食品を配置するポジションの記憶、そして同じ従業員とのコンビネーションや人間関係など、覚えなければならないことが山ほどあります。中でも大手牛丼チェーンのアルバイトと言えばインターネット上で激務の実態の暴露や、ストライキ現象が大きな話題となったことで、実際に人手不足で閉店に追い込まれる店舗が出てくる事態になっていることはよく知られています。しかしそんな状況を逆にチャンスと捉えれば、飲食業界で求められるスキルの向上を短期間で達成することが可能なのです。厳しい環境を経験することによって、他の飲食店に勤めた際に「暇で楽に感じる」ということもありますし、その経験は思っている以上に多くの力を自分に与えてくれます。飲食業界関連の話題で注目を集めているのが、アメリカの一部地域で大幅な最低賃金の上昇が施行されたことですが、なんとその賃金は15ドルにもなっています。その背景には労力に対する対価の低さを訴え続けた労働者の努力がありますが、これから日本でも飲食業界の賃金が上昇していく可能性もあります。そんなときに、大手牛丼チェーンなどの忙しい店舗でのアルバイトを経験しているのといないのとでは、能力や採用率に大きな差が生まれてくることになります。業界の将来を見越して、忙しい店舗で今のうちに経験を積んでおくとよいかもしれません。

Leave a Reply